電話でのご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル 0120-728-552

平日/9:30~17:30(土日祝日休業)

フリーダイヤル 0120-728-552

よくある質問・FAQ

名札の仕様について

Q: 金箔色・銀箔色とは、どういうことですか?
当社の名札の表面には装飾用の薄い金属箔(シート)が貼られているものが多くございます。金色の水平ヘアーラインが施された金属箔が貼られているものを金箔色、銀色の水平ヘアーラインが施された金属箔が貼られているものを銀箔色と呼んでいます。
Q: ヘアーラインとは何ですか?
金属加工の一種で、一定の方向に連続的な筋目を付けたものです。金属箔が施された当社の名札には、水平方向にヘアーラインが入っています。
Q: メッキとは何ですか?
金属などの表面に金属を成膜させる技術のことです。全体的に金属外観が付与されますので、メッキが施された名札は見た目に高級感や重厚感が出ます。メッキは金属箔に比べると摩擦などの抵抗には比較的強く、剥げにくいという特徴があります。
Q: 金属箔とメッキのメリットやデメリットは何ですか?
金属箔は、名札の表面に金属シートを貼り付けたものです。金属メッキほど摩擦などの抵抗には強くありません。しかし、金属メッキに比べて値段が安いという特徴があります。安価に金属のような外観と質感を得ることができるのが金属箔です。
金属メッキとは、金属をプラスチックに被覆し、プラスチックに全体的な金属外観を付与したものです。摩擦などの抵抗には比較的強く、剥げにくいという特徴があります。しかし、金属箔に比べると値段が高くなります。
どちらも本物の金属を使うわけではないため、重さはプラスチック製の名札と同程度です。

生産地について

Q: ネームプレートはどこで製造されているのですか?
名札はドイツ製です。企画・デザイン・製造・印刷のすべてをドイツ工場で行っております。プロジェクトによっては、日本国内・中国などで製造・印刷を行うことがあります。

最小ロットについて

Q: ネームプレートの最小ロット(最低発注数量)は何個ですか?
ロゴ印刷する名札の最小ロットは100個です。一部製品で300個・400個・1,000個などのものもございます。特注の仕様では、それ以上の数量からでないとお請けできないものもございます。詳細はお問い合わせください。なお、25個から御注文をお請けできるタイプの名札もございますが、お客様にて紙ラベルなどにロゴや個人名をご自分で印字いただくセルフ印字タイプとなります。
Q: オーダーメイドのネームプレートの最小ロットは何個ですか?
内容をお伺いしてとなりますが、基本的にオーダーメイドの名札の最小ロットは5000個です。また、金型代などの諸費用をご負担いただきます。

納期について

Q: ネームプレートの納期はどのくらいですか?
当社に本体在庫がある名札の場合、受注後3週間程度で納品をさせていただいております。当社に本体在庫がない場合や受注生産の名札の場合は、ドイツ工場で一から製造いたしますので、数量にもよりますが6~10週間お時間をいただく場合がございます。お急ぎの場合は、ご相談ください。
Q: オーダーメイドのネームプレートの納期はどのくらいですか?
オーダーメイドの名札の納期は、デザイン・使用する材料・製品などにより異なります。お問い合わせください。
Q: 短納期で製作できるネームプレートはありますか?
当社に本体在庫がある名札からご選択をいただければ比較的短納期で納品が可能です。ただし、内容により対応できない場合もございますので、ご相談ください。なお、セルフ印字タイプの名札は、在庫があれば1~2営業日での発送が可能です。

製作費用・金額について

Q: ネームプレートの金額はいくらですか?
製品や数量、裏面などにより大幅に変わります。「製品名」「色」「裏面オプション」「数量」「ロゴの色数」「納品先」「希望納期」などをお教えいただければ、御見積いたします。お問い合わせください。
Q: ネームプレート代以外に、製作にかかる費用はありますか?
名札代以外に、印刷版製作費、調色代、梱包配送料などが発生いたします。その他に材料や色、加工によっては、追加料金が発生する場合があります。
印刷版は製作後2年間保管いたします。2年以内に再度御注文いただければ、その時点から更に2年間保管させていただきます。但し、印刷版の劣化が認められた場合には再製作のための費用のご負担をお願いする場合がございます。

発送方法について

Q: どのように発送していますか?
数量により、郵便、宅配便などを利用いたします。
Q: 北海道や沖縄県にも納品してくれますか?
郵便、宅配便などを利用し、全国どこへでも納品いたします。
Q: 海外にも納品してくれますか?
納品先は日本国内のみとさせていただいております。

取引について

Q: 取引の流れを教えてもらえますか?
一般的な流れは[お取引の流れ]に記載してあります。

サンプルについて

Q: 実際にネームプレートを見ることはできますか?
過去に製作した名札は見本としてお貸し出ししています。お貸し出しできるものがない場合には、原寸のレイアウトなどを代わりにお送りしています。
Q: 注文前にサンプルを製作してもらえますか?
名札の本体在庫がある場合のみ対応可能です。費用を御見積いたしますので、ご相談ください。

ロゴの印刷について

Q: ロゴはどのようにしてネームプレートに表示するのですか?
ロゴはパッド印刷またはシルク印刷などで表示します。名札の種類やロゴの内容により最適の表示方法がございますのでご相談ください。
Q: どのような文字やフォント、ロゴを印刷できますか?
アウトライン化された"ai"形式で保存されているファイルをご用意いただければ、基本的にどのようなものも印刷可能です。
Q: 無地のネームプレートを注文することは可能ですか?
当社では、社名やロゴを印刷した名札をご提供することが、お客様のコーポレートイメージを向上させると考えています。誠に申し訳ございませんが、無地での名札の販売はお断りさせていただいております。ご了承ください。
Q: ロゴの入稿の方法を教えてください。
ロゴデータの入稿についてをご確認ください。
Q: ロゴデータがありません。ロゴを作ってもらえますか?
誠に申し訳ございませんが、当社ではロゴの作成は行っておりません。
Q: どれぐらいのサイズのロゴが印刷できますか?
名札により異なります。また、印刷される予定のロゴに使用されている線の太さや線と線の間の隙間などを確認する必要があります。アウトライン化された"ai"形式で保存されているファイルをご用意いただければ、確認やアドバイスが可能です。
Q: ロゴに濃淡があったり、グラデーションがかかっています。印刷可能ですか?
基本的に、デジタル印刷やロゴをCMYK分解したパッド印刷またはシルク印刷で対応が可能です。アウトライン化された"ai"形式で保存されているファイルなどをご用意いただければ、印刷可否を確認いたします。

個人名の表示について

Q: 氏名はどのようにネームプレートに表示するのですか?
差込・差替式の名札は、弊社で販売している専用のミシン目入りの紙ラベルシートに印字の上、紙ラベルを切り取り、名札に差し込んでご使用ください。
Microsoft WORD形式のテンプレートは、本ホームページよりダウンロード可能です。
差込・差替式以外の、窓がない名札には、市販のネームシール機で印字したシールを貼っていただくか、当社にて彫刻を手配することも可能です。
Q: 氏名の彫刻をしてもらえますか?
彫刻用名札を御注文いただきました場合のみ、手配させていただきます。なお、当社で販売した名札以外への彫刻は行っておりません。ご了承ください。
Q: 氏名の彫刻の費用はいくらですか?
彫刻の内容(苗字のみ・英字苗字のみ・漢字フルネーム・英字フルネームなど)により異なります。お問い合わせください。
Q: どんなフォントの彫刻が可能ですか?
「機械彫刻用標準書体」という日本工業規格で定められている彫刻用の丸書体となります。

留め具について

Q: どのような種類の留め具がありますか?
安全ピン、ブローチピン、クリップ、マグネットやそれらの組み合わせ、両用ピン(鰐口クリップ+安全ピン)など、名札により異なります。名札によりご提供できる留め具が異なりますので、[名札ラインナップ]の各製品ページをご覧ください。
Q: マグネットは人体に悪影響はありませんか?
身体に装着して使用する小さいマグネットは一般的には健康に影響を及ぼすことはありません。しかし、心臓ペースメーカーなどの体内埋込型医療用電子機器を使用している場合は誤作動の原因となりますので、マグネットによる装着は避けてください。
Q: マグネットは磁気カードやスマートフォンなどに悪影響はありませんか?
磁気カードやクレジットカードなどは記憶内容が破壊され、腕時計やスマートフォンなどは機能に影響を及ぼす場合がございます。名札装着時にはジャケットのポケットなど、名札を装着している周辺に磁気カード・クレジットカード・腕時計やスマートフォンなどを保管しないことをお勧めします。
Q: マグネットの留め具は外れやすくありませんか?
人体に影響のない程度の強力なマグネットを使用していますので、通常使用で外れることはありません。しかし、不意に何かひっかけてしまったり、厚手の洋服を着用されたりすることで外れてしまうことがあります。サンプルをお貸し出ししますのでまずは着け心地をお試しいただきご判断ください。
Q: 安全ピンやクリップなどの留め具の交換や修理は可能ですか?
誠に申し訳ございませんが、留め具の修理は請けたまわることができません。プラスチックを微細な超音波振動と加圧力によって瞬時に溶融し、接合する加工技術で、名札と留め具部分を溶着をしているため、安全ピンやクリップの交換や修理を行うためには名札を破壊しなくてはなりません。

紙ラベル・セロハンについて

Q: 他のメーカーのラベルシートでもウニストのネームプレートに使用することは出来ますか?
当社が販売する専用のミシン目入りの紙ラベルシート、セロハンなどの使用をお勧めしております。しかしながら、市販の厚手の用紙を裁断し紙ラベルシートにしていただくこともできます。
Q: 紙ラベルシートやセロハンを個別に注文することは出来ますか?
ご注文いただいた名札に使用する専用のミシン目入りの紙ラベルシートとセロハンは個別に販売いたします。お問い合わせください。
Q: 紙ラベルシートやセロハンは市販されていますか?
当社名札にあう紙ラベルシートやセロハンは市販されておりません。当社に直接御注文ください。
Q: 紙ラベルには何行表示できますか?
当社のMicrosoft WORD形式の紙ラベル用テンプレートを利用した場合、その枠線内に入る行数であれば何行でも表示可能ですが、名札の窓の大きさに合わせるとともに、視認性が下がらないように表示する必要があります。
Q: ダウンロードしたテンプレートを使用しているのに、紙ラベルシートの印刷がずれます。どうしたら良いですか?
プリンターのローラーの巻き込み具合やプリンタとシートの相性によって、ズレて印刷される場合がございます。印刷される前にコピー用紙などに試し印刷を行っていただき、その印刷した用紙を本番用の紙ラベルシートに重ね、枠内(点線内)にレイアウトされているかなど確認していただきましてから、本番用のシートに印刷してください。枠外(点線外)にはみ出していたり、印刷がずれていたりなどが確認された場合は、Microsoft WORDの機能を使用し、上下左右の余白を適宜調整したり、セル内の配置を下付きや上付きにするなどして、ご調整ください。
Q: 1個分、2個分だけ紙ラベルを印刷する場合、どうしたら良いですか?
まず、紙ラベルシートの裏に台紙となるコピー用紙などを貼り付けてください。(紙ラベルの余白部分に糊をつけて、コピー用紙を貼ります。)その後、通常どおり、紙ラベルを印刷してください。台紙として貼り付けたコピー用紙が邪魔で紙ラベルを切り分けづらくなってしまいますが、台紙を取り付けたことにより、少ない枚数の紙ラベル作成が可能になります。

その他

Q: 海外製のネームプレートは不安です。大丈夫ですか?
東京都内に、日本人の営業がおります。何かわからないことがありましたら、お気軽にご相談ください。製品については、ドイツでの製造時の100%チェック、ドイツ出荷前の抜き取り検査に加え、日本国内でも日本人の目による抜き取りチェックを行い、万全を期しています。
Q: ネームプレートは洗濯をしても大丈夫ですか?
金属箔が剥がれたり、金属メッキが剥がれたり、取り付けられた留め具が外れたり、印刷されたロゴが取れたりしまったり、紙ラベルやセロハンがなくなることがございますので、名札を洗濯することは避けてください。
Q: ネームプレートの耐用年数はどれぐらいですか?
使用状況や使用方法、取り扱い方により異なりますので、一概に耐用年数を申し上げることができません。ただし、半永久的に使用可能なものではございませんので、文房具などの消耗品と同じような位置づけでお考えください。
Q: ネームプレートは、屋外での使用は可能ですか?
基本的には屋内用としてご使用ください。長期にわたる屋外での使用は、紫外線・直射日光・気温などにより名札やロゴ印刷などなどの劣化を引き起こす可能性がございます。