電話でのご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル 0120-728-552

平日/10:00~17:00(土日祝祭日・年末年始休業)

フリーダイヤル 0120-728-552

ブランディングとは何か。企業ブランディングの意味とその効果

企業ブランディングの意味

「企業ブランディング」という言葉を最近よく耳にしますが、一体どのような意味なのでしょうか?

ブランディングという言葉の意味は、人によって理解が違っていたり、なんとなくのイメージは持っていても人には説明できなかったりする場合が多く見受けられます。企業のブランディングを行う際にその意味を正しく理解していないと、間違ったことに時間と労力を費やしてしまう可能性もあります。

今回は企業ブランディングの意味とその効果についてご説明します。

ブランディングとは?

ブランディングとは

ブランディングは「brand」に「ing」を付けた単語で、そのまま訳すと「ブランド化」という意味になります。マーケティング業界ではさらに踏み込んで、「他社とは違う個性を確立して企業価値の向上を図ること」といったような意味で使われています。

これだけ聞くと「差別化」と混同してしまいそうですが、ブランディングの場合、差別化は前提条件であって、さらにそこから価値を高めていくことを指します。
最終的には「このブランドだから買いたい」という意識を顧客に持ってもらう必要があるのです。

ブランディングの手法の1つが、ロゴマークを利用する方法です。ロゴマークによって視覚的にアプローチすることで、多くの顧客に共通のイメージを持たせることができます。

製造業であれば商品パッケージや広告などに、サービス業であれば店頭の看板や店員の名札などにロゴマークを使用することで、顧客への認知を図ることができます。

このように共通のイメージが顧客間で広く認知されるようになると「価値=ブランド力」が生まれるのです。

このブランディングの対象を「企業」とする活動を「企業ブランディング」と呼びます。個性を創出しにくいビジネスシーンであっても、顧客に共通の企業イメージを持ってもらうことで、企業のブランド力を高めることが可能となります。

企業ブランディングの効果

ブランディングの効果

ブランディングをしっかり行うことにより得られる効果は次のとおりです。

価格以外の価値を創出する

まず「価格競争」に巻き込まれないためにも、企業ブランディングはとても重要です。

例えば、どんなに素晴らしい製品を作り出しても、そのうちもっと安くて似ている商品が必ず市場に売り出されます。そんなとき、ブランディングがしっかりされていない場合は明確に価値や他社との差別化を提示できず、簡単に価格競争に巻き込まれてしまいます。

ブランディングをしっかりすることにより顧客ロイヤルティーを生み出し、ユーザー離れを防ぐことができるのです。

収益の向上

例えば、「知らないブランドのカバン」と「有名ブランドのカバン」のどちらを買うかで悩んでいたとします。デザインや素材もよく似ていて、有名ブランドのほうが少しだけ高いとしましょう。この場合、多くの人が多少の値段の差なら有名ブランドのほうが信頼できると考え、そちらを選ぶと考えられます。

ブランディングによって獲得した顧客ロイヤルティーは、類似したサービスが登場したとしても簡単には揺らぎません。多少コストがかかろうとも、より安全で信頼できる「ブランド力」がある企業との取引は重視されます。企業ブランディングが成功すれば継続顧客が増えるため、収益向上の近道となることでしょう。

優秀な人材の確保

有名な企業に就職したいという気持ちは、ブランド品が欲しい、高級車が欲しいという気持ちと似ています。企業の知名度が上がればそこで働きたいと思う人も増え、そうなると自然と優秀な人材が志望してくるようになるのです。

業種、条件、待遇などがほとんど変わらない2つの企業があり、片方がとても有名な企業、もう片方は無名の企業だった場合、ほとんどの人が有名な企業のほうを選ぶでしょう。これもブランディングにより得られる効果といえます。

おわりに

今回、企業ブランディングの意味とその効果についてまとめてみました。

企業のブランド力を高めるには、まず競合他社とは違う個性を確立し、それを顧客や潜在顧客に認知してもらうための宣伝活動をする必要があります。できるだけ多くの方に商品や企業と、その特色を知ってもらう、そして共通のイメージを持ってもらうことこそが、ブランディングの本質といえるでしょう。

ブランディングの手段として、テレビCMや雑誌広告、動画広告などを利用する方法を考える方も多いかもしれません。しかし実店舗を持つサービス業などであれば、ネームプレートを高級感のあるものに変更して他社との差別化や企業イメージの向上を図るのもブランディングの1つの手段です。ネームプレートなどの顧客の目に触れやすいものを利用して、視覚的に企業のイメージをアピールしてみてはいかがでしょうか。