電話でのご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル 0120-728-552

平日/10:00~17:00(土日祝祭日・年末年始休業)

フリーダイヤル 0120-728-552

フォントの種類で印象が変わる!名札に適した書体とは

名札に適した書体

「名前を覚えてもらう」「組織での立場の明示」など重要な役割を果たす名札ですが、名札を作成する際は、名札のフォントにも気を付ける必要があります。

使用するフォントによって見る人の印象は変わります。見やすさはもちろん、フォントが与えるイメージを考慮してフォントを選ぶことが大切です。

今回は名札に適した書体についてご紹介します。

「フォント」と「書体」の違いとは

まずは「フォント」と「書体」の違いについて見てみましょう。

本来「書体」とは、ある一貫したデザイン方針で作られた文字の集まりを指します。そして「フォント」とは、ある書体を表すための一揃いの活字、という意味があります。
しかし実際にはフォントを数えるときに「1書体、2書体」と表現されることも一般的で、今ではほとんど同じ意味で使われているようです。

名札に適した書体とは?

書体(フォント)にはとてもたくさんの種類があり、日本語用の書体だけでも1,000種類を超えます。その中から選択するフォントによって、名札の見え方はかなり変わってきます。付けている人の印象を左右してしまうかもしれない名札のフォント選びは、とても重要なことなのです。

ここでは、名札に適した書体を3つご紹介します。

明朝体

明朝体

明朝体は毛筆で書かれたような書体です。

文字の縦線はほぼ垂直で、横の線はほぼ並行です。縦の線は太く、横の線は細めで、はね・払い・止めなどの毛筆の特徴も取り入れ、字形は正方形に近いという特徴があります。

明朝体は日本語の中ではもっとも人気があるフォントでもあり、印刷物でも一般的に使用されます。字形が正方形に近いためとても見やすく、また、縦書きでも横書きでも見栄えが良いため小説や広告などにも多く使用されるフォントです。

フォーマルで上品、知的といった印象を与える書体のため、格式高い店舗やホテルの名札や、信頼感がカギとなる営業・コンサルなどの職業の方の名札におすすめです。また、高級感のあるメタルルックの名札との相性が良いともいえるでしょう。

ゴシック体

ゴシック体

ゴシック体は、縦と横の線の太さがほぼ均一で、起筆点・終筆点が角張っているという特徴があります。

こちらもよく使われるフォントの一つです。コンピューターで標準的に使用されていて、ディスプレイの解像度の都合にも適しています。反対に小説などの単行本で使用されることは少ないですが、飾りがなく見やすい書体のため、広告や見出しで多く使用されています。

明朝体と比べて親近感を抱かせ、誰にでも読みやすい・見やすい書体のため、幅広い年齢層の方が来店される店舗の名札におすすめです。

丸ゴシック体

丸ゴシック体

丸ゴシック体は、ゴシック体と同じく縦と横の線の太さはほぼ均一ですが、起筆点・終筆点が丸いという特徴があります。

角の丸め方は、角の両はしに円形や楕円形を埋め込んだような形や、角丸にしたような形、また曲がりの外側は丸く内側は角張ったままにした丸ゴシック体もあります。

丸みがあり柔らかい印象を持つことから、道路標識にも使用されています。

非常にかわいらしく、元気な印象を持つ書体のため、若い女性従業員が多い場合やお子様が多く来店する場合におすすめの書体です。また、ポップなロゴとの相性が良いといえます。

おわりに

たくさんの種類がある書体の中から、名札に適している書体3つをご紹介しました。

付けている人のイメージに大きく影響する名札のフォント選びは、実はとても重要なことです。何か特別な理由がない限り、基本的には名札に奇抜さや面白さを求められることはありません。名札を見る相手にとって見やすいものであれば、それが誠実さや親切さのイメージにつながっていきます。

見たときに確認しやすく、文字もわかりやすいゴシック体、見やすく優しい印象を与える丸ゴシック体、そして読みやすい書体できちんとした印象を与える明朝体は、名札におすすめの書体です。さまざまな特徴を持ったフォントをうまく使い分けることにより、お客さまや仕事相手が抱く印象やイメージをうまくコントロールしましょう。