電話でのご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル 0120-728-552

平日/10:00~17:00(土日祝祭日・年末年始休業)

フリーダイヤル 0120-728-552

プラスチック製の名札(ネームプレート)のメリットとデメリット

プラスチック製の名札(ネームプレート)

学校や会社などで利用される名札(ネームプレート)に使用される素材はアクリルなどのプラスチックが主流です。プラスチック以外にも金属を使った名札などがありますが、それぞれ、名札として使う上でのメリットとデメリットがあります。

今回は、一般的なプラスチックの名札にはどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

プラスチック製名札のメリット

まずは、プラスチック製の名札を使用・製作する上でのメリットをご紹介します。

軽い

プラスチック製名札のメリットは、まず「軽い」ということです。

名札は毎日身に付けて使用するものです。あまり重量があると、動く際に気にかかります。衣服などにクリップやピンで付ける場合、名札が下を向いたり服に穴が空いたりしてしまうかもしれません。

せっかくの名札も、名前が見えなかったり制服や私服をボロボロにしてしまったりしては意味がありません。名札が軽いというのは、使用する上で非常に重要なことだといえるでしょう。

値段が安い

値段が安いという点も、プラスチック製名札の大きな魅力です。

会社や学校などで大量の名札が必要になったとき、1個あたりの値段があまりに高いと大変な出費になってしまいます。プラスチック製の名札は安く購入できますので、大量に必要になった場合はとても助かります。

軽い

プラスチック製名札のメリットは、まず「軽い」ということです。

名札は毎日身に付けて使用するものです。あまり重量があると、動く際に気にかかります。衣服などにクリップやピンで付ける場合、名札が下を向いたり服に穴が空いたりしてしまうかもしれません。

せっかくの名札も、名前が見えなかったり制服や私服をボロボロにしてしまったりしては意味がありません。名札が軽いというのは、使用する上で非常に重要なことだといえるでしょう。

カラーが豊富

プラスチック製名札(ネームプレート)のメリット

金属は金や銀など素材そのものの色しかありませんが、プラスチックはさまざまな色のものが作れます。カラフルな名札や色違いの名札を作りたい場合は、プラスチックがおすすめです。

加工がしやすい

加工がしやすいことも、プラスチック製名札の優れた点です。

名札は通常、長方形をしているものが多いですが、シチュエーションによってはいろいろな形の名札を作りたいと思うこともあるでしょう。個性ある名札を求めているのであれば、好きに加工できるプラスチック製がおすすめです。

印刷の自由度が高い

名札は表面に名前や所属などの情報を印刷しなければなりません。プラスチック製名札であれば、名札表面への印刷も簡単にできます。

表面に印刷すると時間の経過とともに文字がかすれてしまうと心配する人もいるかもしれません。たしかに長期間使用する名札の場合、名札そのものが長持ちすることも重要ですが、表面に印刷した文字が消えないことも重要です。

もしプラスチック製名札の表面に印刷した文字の劣化を気にするのであれば、2種類のプラスチックを組み合わせた、印字面が保護されているタイプの名札が良いでしょう。このタイプであれば、長期間きれいな文字のまま名札を使用することができます。立体感も出て美しく見えることもうれしい特徴です。

差し替え式の名札が豊富

毎回参加者が変わるセミナーなどで使用する名札は、表面に名前を印字するわけにはいきません。そのような場合には、プラスチック製の差し替え名札が良いでしょう。

プラスチックのケースに名前を印刷した紙を差し込んで使用するため、中の紙を交換すれば他の人の名札として使用できます。不特定多数の人が使用する場合や、ごく短い期間しか使用しない場合の名札として重宝するでしょう。

プラスチック製名札のデメリット

いろいろとメリットのあるプラスチック製名札ですが、金属製に比べると劣る面もあります。

質感・見た目が金属製に劣る

質感や見た目の印象は、やはり金属製の名札の方が上です。高級感を出したいときなどは、やはりプラスチック製だと見劣りしてしまいます。

ホテルの従業員など、高級なイメージを必要とする場面では、金属製の名札の方が良いでしょう。金属の表面に印刷することもできますが、彫刻で文字を掘るとより高級感が出ます。

耐久性

プラスチック製名札(ネームプレート)のデメリット

プラスチックに比べると、耐久性についても金属の方が優れています。

名札を長い間使用することを前提としている場合は、金属製名札にした方が良いでしょう。プラスチックの強度も向上してはいますが、割れにくさではやはり金属製をおすすめします。

おわりに

プラスチック製の名札には多くのメリットがあります。高級感や耐久性をそれほど重視しないのであれば、もっとも手軽に作成できる種類の名札です。

軽さや価格面のメリットを保ちつつ質感や見た目を改善したいのであれば、プラスチック製の名札に金属箔や金メッキを施したものがおすすめです。名札を使用する場所や目的、人数に合わせて、名札の材質を検討してください。