電話でのご相談・お問い合わせはこちら

フリーダイヤル 0120-728-552

平日/9:30~17:30(土日祝日休業)

フリーダイヤル 0120-728-552

コラム

名札(ネームプレート)のデザイン選びのポイント

名札は単にその人の氏名を明らかにするだけではなく、企業や店舗への印象をも左右します。そのため、どのようなデザインの名札を着用するかは、企業や店舗のブランディングにおいて非常に重要です。
そこで今回は、名札(ネームプレート)のデザイン選びのポイントについてご紹介します。

ネームプレートの高級感重視ならゴールド?金属製名札のメリットとデメリット

ホテルや飲食店など、接客業の仕事をしている方たちに欠かせないのが「名札(ネームプレート)」です。名札は、上手に活用すると売り上げアップや案件成約率の上昇などの効果が期待できるアイテムでもあります。
名札は、アクリルやポリエステルを使ったプラスチック製のものが一般的ですが、ステンレスや真鍮、アルミ材などを使った金属製のものもあります。金属製の名札は、ホテルや航空会社、ブランド品を扱う会社などの高級感や信頼感が重要視される業界でよく用いられています。
今回は、名札(ネームプレート)を金属製にすることによって、どのようなメリットやデメリットがあるのかをご紹介します。

名札(ネームプレート)は彫刻と差し込み・差し替え式どちらが良い?

名札(ネームプレート)は、学生から社会人まで幅広い世代の方が使用するアイテムです。素材や形にもさまざまな種類がありますが、名前や学校名、会社名などを名札に印字する方法は、大きく分けると「彫刻式」と「差し込み式(差し替え式)」の2種類に分けられます。 「彫刻式」は彫刻で文字が印字されている名札、「差し込み式」は文字が印字されているシートを差し込む名札のことです。この2種類の名札には、それぞれメリット・デメリットがあります。
今回は、彫刻式と差し込み式(差し替え式)の名札のメリットとデメリットをご紹介します。

クリップ・安全ピンだけじゃない!名札の留め具の種類いろいろ

デパートやホテル、飲食店などでスタッフの方が着用している名札(ネームプレート)を目にする機会は多いですが、普段目にするのはもっぱらその表側だけですよね。では、名札の裏側の留め具にも、さまざまな種類があることを意識したことはありますか?
名札の留め具として使用されるのは、主に安全ピン、ブローチピン、クリップ、マグネットの4種類です。また、ある程度大きめのサイズの名札では、安全ピンとクリップ、マグネットとクリップなど、複数の種類の留め具が付いているものも使用されています。
今回は名札によく使われる留め具について、それぞれの特徴をご紹介します。

アクリル名札はすぐ割れる?アクリル樹脂の耐熱温度・強度などの特徴

アクリル樹脂はプラスチックの中でもっとも耐久性に優れているといわれています。透明性も兼ね備えた素材であることから、名札やコップなどの食器、照明器具のカバーなど、身の回りにあるさまざまなものに使用されています。
そこで今回は、アクリル樹脂の強度などの特徴について詳しくご紹介します。

マグネットで留める?穴があかない名札の付け方

私たちは普段から様々な場面で名札を付けることがあります。幼稚園の名札から始まり、社会に出てからはお客様に名前を覚えてもらうためや、自己の責任を持って仕事をするために名札を付けますね。
胸元にピンで留められるタイプの名札は手軽で便利ですが、繰り返し留めることによってスーツやおしゃれな洋服に穴があいてしまった経験もあるのではないでしょうか。そこで今回はそのような残念な事態を避けるために、穴があかない名札の付け方についてまとめました。

飲食店・コンビニ店員の名札は絶対必要?名札を付ける意味とは

飲食店やコンビニの店員さんが名札を付けている姿は、普段から目にすることが多いものです。名札のおかげで、誰が自分のテーブルを担当したのか、誰がお会計を担当したのかなどが一目で分かります。お客さんとしてはお店の信頼性や責任を感じることができ、お店としては店員を管理することができるなど、名札は重要な役割を果たしています。
しかしインターネットやソーシャル・ネットワーク・サービスの発達やスマートフォンの普及により、今や名前を検索するだけで個人情報が判明し、行動範囲や交友関係までもが特定されてしまう可能性がある時代となりました。そんな中、飲食店やコンビニでの名札の着用については意見が分かれています。
そこで今回は、飲食店やコンビニの店員が名札を付ける意味や、名札の危険性などについてご紹介します。

コストダウンのコツとは?オフィスの経費削減アイデアまとめ

総務部や購買担当の方は、日々経費削減を求められていることでしょう。しかし、経費削減といっても、どうしても必要な事務用品などを買わないで済ませるわけにはいきません。業務を滞りなく進めるためにはコピー機も使用するでしょうし、必要な事務用品は発注しなければならないでしょう。
必要な物品を減らすことなく、アイデア次第でどうにかコスト削減することはできないでしょうか。今回は、すぐにでも始められるオフィスの経費削減アイデアとコツをご紹介します。

フォントの種類で印象が変わる!名札に適した書体とは

「名前を覚えてもらう」「組織での立場の明示」など重要な役割を果たす名札ですが、名札を作成する際は、名札のフォントにも気を付ける必要があります。
使用するフォントによって見る人の印象は変わります。見やすさはもちろん、フォントが与えるイメージを考慮してフォントを選ぶことが大切です。
今回は名札に適した書体についてご紹介します。

名札を付ける位置は右胸?左胸?胸ポケット?

さまざまな場面で身に付ける名札。名札を付けることによって、自分の名前や職場での立場を他者に明らかにし、円滑なコミュニケーションを図ることができます。 このような重要な役割を担う名札ですが、付ける位置に決まりはあるのでしょうか。今回は名札を付ける位置についてご紹介します。

名札も個人情報?名前に関する個人情報管理の基礎知識

近年、個人情報保護の動きが強まり、個人情報を扱う事業者は、お客様や従業員の個人情報管理の徹底が求められています。個人情報の流出は信用失墜につながるため、事業者は個人情報保護のためにさまざまな対策を講じています。
個人情報保護の観点から、名札の記載内容にも変化が起きていることをご存じでしょうか。今回は名前に関する個人情報管理の基礎知識をご紹介します。

備品管理システムは発注前に見直そう!社員数別・備品管理方法

会社の備品管理はどのように行っているでしょうか。ノートやボールペン、コピー用紙などの文房具、CDやDVD、USBメモリなどのメディアといったさまざまな備品を適切に管理することは大変です。特に決まったルールもなく、うまく管理できていないという会社も少なくありません。
備品管理システムの導入も1つの方法ですが、まずは備品の管理方法を確認して余計なコストを削減したり、必要なときに手元にないなどのトラブルを防止したりできないかを考えてみましょう。今回は、新たな備品を発注する前に見直しておきたい、備品管理の方法についてご紹介します。

プラスチック製の名札(ネームプレート)のメリットとデメリット

学校や会社などで利用される名札(ネームプレート)に使用される素材はアクリルなどのプラスチックが主流です。プラスチック以外にも金属を使った名札などがありますが、それぞれ、名札として使う上でのメリットとデメリットがあります。 今回は、一般的なプラスチックの名札にはどのようなメリット・デメリットがあるのかをご紹介します。

ケースでおしゃれできるけど裏返る…吊り下げ名札のメリット・デメリット

名札にはいろいろな形状のものがありますが、近頃増えているものが「吊り下げ名札」です。紐で首から下げる名札で、名札ケースの中にIDカードなどを入れて使用します。
名札といえば、バッジタイプで胸元に付けるものを想像する方が多いかと思いますが、吊り下げタイプにはどのような特徴があるのでしょうか。今回は、吊り下げ名札のメリットとデメリットをご紹介します。

名札に顔写真を載せるメリットとは?写真入り名札の是非

名札にはさまざまな形のものがあり、記載されている情報にも違いがあります。シンプルに名字だけが記載されているものや、名前だけでなく役職や肩書などの情報も一緒に記載されている名札など、業界や用途によって多くの種類があります。
中には、文字情報に加えて本人の顔写真が掲載されている名札も存在します。今回は、この写真入り名札についてご紹介します。

国旗などで対応言語を表す言語バッジ(ランゲージピン)着用のメリット

2020年に東京オリンピックの開催を控え、来日する外国人の数が増加することが予想されます。外国のスポーツ選手の方々や、オリンピック観戦のために日本を訪れる外国人観光客の方々をおもてなしするために、英語をはじめとした外国語を話せる人材の育成や、外国人観光客を対象にした案内板の整備などが求められています。特に、旅行会社やホテル、旅館などの観光に関係する業界では、さまざまな国からやってくる外国人観光客に対応するために、さまざまな国の言葉を話せる人材が不可欠でしょう。
また、外国人から見て従業員が自分の母国語や国際共通語である英語での対応が可能かどうか、一目で分かるようにするといった配慮も必要になってきます。このようなときに役に立つのが、言語バッジ(ランゲージピン)と呼ばれるバッジです。今回は、この言語バッジ(ランゲージピン)についてご紹介します。

新人(研修生・実習生)が付ける「研修中」名札の是非

店舗などで接客をするスタッフが新人であったり、研修期間であったりする場合に、「研修中」という名札を付けることがあります。誰でも一度は、コンビニやスーパーのレジ係の方が付けている姿を目にしたことがあるのではないでしょうか。
「研修中」という名札、人によってはその使用に疑問を持つ方もいるようです。普通に質問をしても問題がないのかどうか迷ったり、レジを打ち間違ったりするのではないかと心配する気持ちに共感する方もいると思います。
そこで今回は、研修生や実習生などの新人が付ける「研修中」名札の是非について考えてみましょう。

始末書提出?弁償金請求?社員・バイトが会社の名札を紛失した際の対応

会社で身に付ける名札は、会社側から従業員に貸与されることが一般的です。従業員は就業時間に名札を各自で着用するため、名札の管理は従業員自身に任せていることが多いでしょう。 社員やバイトなどの従業員は会社からの貸与品である名札を大切に管理する責任はありますが、時には紛失してしまうこともあります。今回は、社員やバイトが名札を紛失した場合の対応についてご紹介します。

名札でモチベーションアップ?従業員のモチベーションを上げる3つの方法

従業員同士で名前を分かるようにしたり、お客さまに対して担当者の名前を知らせたりするなど、従業員の名札は他者に名前を伝える目的で利用されています。この名札を使って、従業員の仕事に対するモチベーション向上を図ることも可能です。
今回は従業員のモチベーションを上げる名札の活用方法を3つご紹介します。

結婚後、職場ではどちらの苗字を使う?新姓・旧姓で仕事する際の注意点

日本では、結婚をすると夫婦は同姓にするよう民法で定められています。夫の姓か妻の姓か、どちらかにする必要があるため、もう一方はこれまでの姓から変更しなければなりません。現状では、妻が夫の姓に変更する場合が大半です。
しかし、結婚後に苗字を変更すると、職場での名前の使い分けに戸惑う方も多いと思います。戸籍上は新姓になったが、新姓を使う方が良いのか、それとも周囲にもなじみのある旧姓を使用した方が良いのか迷う場合もあるでしょう。
そこで今回は、結婚後の職場で新姓を使う場合と旧姓を使う場合に、注意したい点についてご紹介します。

顧客満足度を上げるには。CS向上のための取り組みのポイント

「顧客満足度」は、商品やサービスを改善するための重要な指標です。英語ではCustomer Satisfactionといい、「CS」と省略されて呼ばれることもあります。
競合他社との差別化を図るときに、自分たちの顧客がどのように感じているか、どのように考えているかを知ることは非常に重要です。このような顧客側の視点を無視してしまうと、商品やサービスを改善しようとしても、見当違いの方向へ進んでしまう危険性もあります。
今回は、顧客満足度を上げるためにはどのような取り組みをすれば良いか、そのポイントをご紹介します。

総務・人事のアウトソーシングとは?アウトソーシング導入のメリット

アウトソーシングとは、社内の一部の作業を外部業者に委託することをいいます。
繁忙期で従業員の数が足りなくなった場合などに、よく利用される方法です。繁忙期に利用する場合だけではなく、外部委託により社内の組織をスリムにしたり、品質向上や作業のスピードアップを狙ったりすることを目的としている企業もあります。
最近では、「総務部」や「人事部」の仕事もアウトソーシングの対象になってきています。総務や人事の作業をアウトソーシングすると、企業にとってどのようなメリットがあるのでしょうか。
今回は、総務・人事のアウトソーシングがもたらすメリットについてご紹介します。

仕事を効率化させるコツとは?業務効率化のアイデア3つ

仕事ができる人ほど場面に合わせた素早い対応や、周囲との連携を踏まえた段取りなどができていますね。業務効率化ができているかできていないかで成果が大きく変わってくるということです。では、どうしたら仕事を効率化できるのでしょうか?
計画を立てずにただやみくもに仕事をする人は、量をこなした気がして達成感はあるかもしれませんが、実はやらなくていいことまでやっていたり時間をかけ過ぎていたりと、効率が悪いこともあります。
そこで今回は業務効率化のアイデア3つを紹介していきます。

ブランディングとは何か。企業ブランディングの意味とその効果

「企業ブランディング」という言葉を最近よく耳にしますが、一体どのような意味なのでしょうか?
ブランディングという言葉の意味は、人によって理解が違っていたり、なんとなくのイメージは持っていても人には説明できなかったりする場合が多く見受けられます。企業のブランディングを行う際にその意味を正しく理解していないと、間違ったことに時間と労力を費やしてしまう可能性もあります。
今回は企業ブランディングの意味とその効果についてご説明します。

お問い合わせ

お問い合わせ